素人でも知っておきたい冊子印刷についての知識と業者の特徴

本

冊子印刷のコストを抑えるには

冊子印刷の料金は、業者によって異なるだけでなく、注文の仕方によっても異なります。
少しでもコストを抑えたいと考えるのであれば、カラーページを減らす、早めに入稿をするという事が有効です。
見栄えの良い冊子を作りたいと考えた場合、全ページカラーの方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、冊子印刷では白黒に比べてカラーでの印刷は高くなります。
表紙はカラーでも、本文を確認した時に、特にカラーで印刷する必要がないページは、白黒印刷を選ぶ事で、費用の節約に繋がります。
本文を全て白黒にすれば、更に大幅なコストカットに繋がります。
写真が多い冊子を作る場合でも、白黒でも問題のない写真のページは、白黒を選択する事で、大幅に費用を下げる事ができます。
そして、冊子印刷の場合、納期が短い程、割高となる業者が多くなっています。
現在は、入稿をした翌日には発送可能になっている業者もありますが、直前の入稿よりも早めに入稿をする方が、安くなる事が一般的です。
冊子を作りたい日までに余裕があるのであれば、納期によって料金が変わる事がないかを確認しておくと良いでしょう。
早い入稿で割引が適用されるのであれば、少しでも早く原稿を仕上げ、入稿をしておく事がおすすめです。

あえて冊子にする意味とは

印刷物は紙の時代の終焉により、位置づけが難しくなっています。それでも冊子印刷への需要は一定量保たれているので、業者ごとの対応を見極める内容が重要です。メインになる情報を冊子の方へ取り込むことで、強いメッセージを伝えることが可能です。企業の動向を見据えながら、印刷物本来のありかたについて分析することが必要です。冊子印刷の多くは中小企業が請け負っているため、職人の仕事ぶりを目の当たりにすることになります。
冊子は背表紙の部分で接着することが通例であるので、見開きを完全なものにすることが重要です。印刷はインクにおけるコストが大事な側面となり、無料で配布するときでもこの考えは不変です。綴じるページ数によって扱うが微妙に異なっていくことから、冊子においては発行前のレイアウトが肝心です。ジャンルごとに黒インクを変えるほど、マニアックな業者もいるため、冊子を制作する段階はプロの仕事と呼べます。
文集など一生の思い出に立ち会うこともあって、冊子印刷業は一定の需要が見込めます。営業における成績が高ければ、顧客満足度の高さが際立ち、改めて紙の媒体のメリットを実感する機会に巡り会えます。アマチュアでもこうした内容は、きちんと理解しておくことが大切です。

冊子印刷は業者選びが大事

「冊子印刷」は、写真と文章のバランスが大切です。写真も文字もできるだけ大きくとりましょう。分かりやすさを意識して大きくしすぎしまうこともありますが、かえってバランスが悪くなり良い印象を与えることができません。どちらもほどよい大きさを心がけましょう。
購買の動機につながる、企業や目的のイメージアップとなる写真を使うことが大事です。また、製品や企業の説明が長いと読む側として途中で飽きてしまいます。要点をまとめ、サラッと読める文章を考えましょう。また、よくあるのが専門用語ばかりを使って読みにくくなってしまうことです。専門用語は知っている人からすればごく自然なことですが、素人からすればなんのことやらさっぱり分かりません。読みやすくするために、素人でも分かるシンプルな文章を考えましょう。
また、問い合わせ先は必ず掲載しておきましょう。お客さんが分からないことがあったとき、すぐに対応できる環境を作っておかなければなりません。電話番号やメールアドレス、住所も載せましょう。冊子印刷は業者選びも要です。いくつかピックアップし、ホームページの制作例を見て、その中で最もデザイン性が高いと思った冊子印刷業者をセレクトしましょう。